SEO

【図解】サイトマップとは?作り方とSEO効果【WordPress】

アイキャッチ
アフィロン

サイトマップって何ですか?SEOに効果があるって聞いたけど?

サイトマップにはクローラ向けXMLサイトマップユーザー向けHTMLサイトマップの2種類が存在します。

本記事ではXMLサイトマップとHTMLサイトマップの違いや、SEOにおける効果について解説してます。

また後半では、XMLサイトマップとHTMLサイトマップを簡単に作れるプラグインと実際の作り方について解説しています。

「サイトマップって何?」「どうやって作るの?」という方は必見です。

本記事で分かること

  • サイトマップとは?
  • サイトマップの必要性(SEO効果)
  • サイトマップの作り方
  • サイトマップをサイトのどこに設置するか

それではみていきましょう。

サイトマップとは?

サイトマップとはサイト全体の記事構成を分かりやすく伝える、文字通りサイトの地図のような役割を担うものです。

サイトにたくさんの記事(コンテンツ)があると、探すのに苦労しますよね?

そこでサイトの記事構成を整理し、コンテンツを探しやすくするものがサイトマップです。

サイトマップにはクローラー向けに作成するXMLサイトマップユーザー向けに作成するHTMLサイトマップがあります。

それぞれの違いや役割についてみていきましょう。

XMLサイトマップ

XMLサイトマップはクローラーにサイト全体の構成を伝えるもので、クローラビリティの観点から作成するものになります。

クローラーとはGoogleの検索エンジンがサイトを認識するためのシステムであり、日々世界中のサイトや記事をクローラーが巡回しチェックしています。

不定期ながらあなたのサイトにもクローラがやってきて、あなたのサイト内を巡回し、どんなコンテンツがあるのか見ていきます。

このクローラーが巡回してきたときに、サイト内で迷子にならないように地図の役割を果たすのがXMLサイトマップになります。

HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップはユーザー向けにサイト全体の構成を伝えるもので、ユーザビリティの観点から作成するものになります。

サイト内にある記事URLを一覧にしてまとめたページで、ユーザーがサイト内のコンテンツに迷わず到達できるように作成するページになります。

例えばですが、あなたが参考書を買ったとします。

もしその参考書に目次がついていなかったらどうですか?

ものすごく不便ですよね?

有益な情報や知りたい内容が盛り込まれていても、その情報を探すのに手間がかかっては良質な参考書とは言えませんよね。

ここでいう目次の役割を果たしサイト全体の記事構成を分かりやすくユーザーに伝えるものがHTMLサイトマップになります。

参考までに、当ブログのサイトマップを覗いてみてください。

XMLサイトマップとHTMLサイトマップの違いは理解できました!

アフィロン

サイトマップのSEO効果

サイトマップを作るとSEOに効果があるのか?という質問をよくされます。
結論、あります。

正確な表現は「間接的に効果があります。」です。

アフィロン

間接的に?どういうことですか?

それではそれぞれのSEO効果を説明しますね!

編集長F

SEO効果を考える上でクローラビリティとユーザビリティの理解が必要性です。

こちらの記事で詳しく説明しているの参考にしてください。
>>【SEO対策】ブログ初心者が抑えるべきポイント7選

XMLサイトマップのSEO効果

①クローラビリティが向上する

クローラビリティを向上させることで間接的なSEO効果が期待されます。

書いた記事が検索結果に表示されるには、Googleの検索エンジンに認識される必要があります。

検索エンジンに認識されるには、クローラーが巡回してきた際に記事データを読み込んでもらう必要があります。

XMLサイトマップがあるとクローラーの巡回効率が高まり記事を認識されやすくなります。

特に内部リンクで記事同士が繋がっていないと、クローラーに認識されなかったり、インデックスされるまでに時間がかかることがあります。

XMLサイトマップを作っておくことで、発見されにくいコンテンツもきちんとクローラーに認識されるようになります。

②コンテンツの重要性を伝えられる

クローラーが巡回する際、どのコンテンツを優先的にインデックスして欲しいかを伝えることができます。

固定ページなどサイト内で重要度の低いコンテンツよりも、投稿記事やカテゴリーなど重要度の高いコンテンツを優先して巡回するように伝えることができます。

③新規投稿や更新情報を伝えられる

クローラーは毎日あなたのサイトを巡回してくれるわけではありません。

新規記事を投稿したり、記事を修正・更新した場合、すぐにGoogleに認識してもらいたいですよね。

XMLサイトマップをサーチコンソールで送信することで、素早くクローラーに通知することができます。

特に記事を修正する際は、SEO対策を施すケースが多いので、修正の事実をすぐに伝えられた方がSEO効果をより早くサイトに反映させることができます。

HTMLサイトマップのSEO効果

①ユーザビリティが向上する

サイト内のコンテンツが多いと、ユーザーは求めている情報を見つけるまでに時間がかかります。

そのときにサイトの目次の役割を果たすHTMLサイトマップがあると、ユーザーがすぐに目的の記事を見つけられ、ユーザーの利便性が向上します。

Googleはユーザー満足度を重要視しているので、HTMLサイトマップを作成し利便性を高めることはSEO的にプラスになります。

②サイト内回遊率が向上する

ユーザーがコンテンツを探しやすくなると、サイト内の記事が読まれやすくなります。

結果としてサイト内でのユーザーの回遊率が向上し、サイト評価が高まります。

なるほど!まとめるとこんな感じですね!

アフィロン

XMLサイトマップの効果

  • クローラーにコンテンツを認識されやすくなる
  • 重要なコンテンツを伝えられる
  • 新規記事や更新などの情報を素早く通知できる

HTMLサイトマップの効果

  • ユーザーがコンテンツを探しやすくなる
  • ユーザーのサイト内回遊率が向上する

XMLサイトマップの作り方

それではXMLサイトマップの作り方を見ていきます。

作り方にはいくつか方法がありますが、ここでは一番簡単な方法としてプラグインを使った作り方を紹介します。

ちなみにWordPresssに導入しておきたいおすすめプラグインについてはこちらの記事でまとめています。
あわせて読んでおきましょう。
>>導入しておきたいおすすめプラグイン10選

XML Sitemaps【おすすめプラグイン】

XML Sitemapsというプラグインを導入しておけば、記事を投稿・更新した際に自動的にクローラーへ通知してくれるようになります。

Googleに記事を認識されるまでの時間が短縮されるので、SEOで集客しようと考えているブロガーさんには必須のプラグインと言えます。

それでは導入手順をみていきましょう。

【手順①】プラグインの新規追加

「プラグイン」→「新規追加」へ進んでください。

検索窓に「Google XML Sitemaps」と入力。

【手順②】インストール・有効化

「XML Sitemaps」を選択します。
「今すぐインストール」→「有効化」をクリック。

【手順③】初期設定

「プラグイン」→「インストール済みのプラグイン」→「XML Sitemaps」→「設定」と進んでください。

「基本的な設定」は難しく考えないで、基本的には上から5つにチェックを入れておけば大丈夫です。

もしもエラーが出たら「HTML形式のサイトマップを含める」のチェックを外してください。

「投稿の優先順位」は「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れましょう。

掲示板などを運営していない限りは、基本的にコメントの数で優先順位を決める必要性はありません。

「Sitemapコンテンツ」はクローラーにどのコンテンツをクロールして欲しいか指示を出すことができます。

こちらはお好みで設定してしましょう。

ちなみに当ブログでは、「ホームページ」、「投稿」、「カテゴリーページ」を選択し、「最終更新時刻を含める」チェックを入れています。

固定ページやアーカイブ、投稿者ページは重要度が低いので、このような設定にしています。

よかったら参考にしてください。

「含めないカテゴリー」は余程の理由がなければ何もチェックを入れないで良いでしょう。

「優先順位の設定」ではクローラにどのコンテンツを優先的に見て欲しいか指示を出すことができます。

優先度を0〜1.0の間で好きなように決めてください。

先ほど述べたように固定ページやアーカイブ、投稿者ページなどは優先度を低くしておいて良いでしょう。

ここではクローラーに回ってきて欲しい頻度を伝えることができます。

これもお好みで設定しておいて大丈夫ですが、基本的には参考程度の意味合いしか持ちません。

投稿頻度を毎日としていても、毎日クローラーがきてくれるわけではありません。

あくまで目安として設定しておきましょう。

これで初期設定は完了です!次はサーチコンソールとの連携をみてみましょう!

アフィロン

【手順④】サーチコンソールとの連携

XML Sitemapsはインストールして完了ではないんですよね。

正確にクローラーに情報を伝えるために、サーチコンソールでしっかりと情報を送信し、通知してあげる必要があります。

それではサーチコンソールでどのように送信すれば良いのか、手順にそって見ていきます。

XML Sitemapsの初期設定が完了すると、サイトマップのインデックスファイルのURLが自動生成されます。

自動生成されたURLをコピーしましょう。

サーチコンソールへログインし、「サイトマップ」を開きます。

「サイトマップのURLを入力」とあるので、先ほどコピーしたURLをペーストし「送信」ボタンをクリック。

「サイトマップを送信しました」というコメントがあり、ステータスに「成功しました」と出れば完了です。

これでクローラー用のXMLサイトマップの説明は終わりです!

編集長F
アフィロン

次はユーザー向けのHTMLサイトマップについてだね!

HTMLサイトマップの作り方

HTMLマップもプラグインを使えば簡単に作れます。

PS Auto Sitemap【おすすめプラグイン】

「PS Auto Sitemap」は、ユーザー向けのサイトマップを自動生成してくれるプラグインです。

新規記事を投稿した際、わざわざ手動でサイトマップに追加する必要がなく、自動的にサイトマップに追加されるので非常に便利です。

また、サイトマップのデザインもお好みで選べるので、自分色にカスタマイズすることも可能です。

それでは導入手順を見ていきましょう。

【手順①】プラグインの新規追加

「プラグイン」→「新規追加」へ進んでください。

【手順②】インストール・有効化

検索窓に「PS Auto Sitemap」と入力しプラグインを選択してください。

「今すぐインストール」→「有効化」をクリック。

【手順③】固定ページの作成

「固定ページ」→「新規追加」

タイトルを「サイトマップ」とし、パーマリンクをsite-mapなどにします。

この段階ではまだ公開せずに、「下書き保存」にしておきます。

【手順④】記事IDを確認する

「固定ページ」→「固定ページ一覧」から、サイトマップの記事IDを確認します。

画像の”726”が記事IDとなります。

この記事IDはPS Auto Sitemapの初期設定に必要になりますので、メモしてください。

【手順⑤】初期設定

「設定」→「PS Auto Sitemap」へ進みましょう。

先ほどメモした記事IDを入力します。

設定ではサイトマップに表示するページや階層を変更できますが、基本的には以下のように設定しておけば問題ありません。

おすすめ設定

  • ホームページの出力→「出力する」
  • 投稿リストの出力→「出力する」
  • 固定ページリストの出力→「出力する」
  • 出力階層制限→「制限なし」
  • 先に出力するリスト→「投稿」
  • カテゴリーと投稿の表示→「同一マップ内」
  • スタイルの変更→お好みでOK
  • キャッシュの使用→「使用する」

変更が完了したら「変更を保存」をクリック。

変更を保存すると、画面下にコードが生成されますので、コピーします。

【手順⑥】コードを固定ページに貼る

手順③で作成した固定ページを開きます。

手順⑤でコピーしたコードを貼り付け、「公開」します。

注意点

グーテンベルクを使用している場合

コードは、「カスタムHTML」で貼り付ける必要があります。


クラシックエディターを使用している場合

コードは「テキストモード」で貼り付ける必要があります。

アフィロン

これでHTMLサイトマップを作ることができました!

次はHTMLサイトマップをどこに設置するか説明しますね!

編集長F

サイトマップの設置場所

HTMLサイトマップはユーザーが簡単にコンテンツへとアクセスできるように設置するものです。

ユーザビリティの観点から考えれば、どのページからでも簡単にアクセスできるところに設置すべきでしょう。

一般的にはフッターなどに設置しておくと良いでしょう。

まとめ

本記事ではクローラー向けのXMLサイトマップとユーザー向けのHTMLサイトマップについて解説しました。

サイトマップはインデックスを早めたり、ユーザーの利便性を向上させるなど、間接的なSEO効果が期待されます。

ただし、サイトマップはあくまでも補助的なSEO対策であり、本質はコンテンツの質に他なりません。

コンテンツの質を高めつつ、サイトマップを活用することでSEO効果を最大化できるようにしていきましょう。

「稼ぐ」に特化したおすすめテーマ
ACTION / AFFINGER6

\当ブログも愛用してます/

AFFINGER6の詳細はこちら

/いますぐゲットする\

よく読まれている記事

アイキャッチ 1

副業に興味のある方は多いと思います。 月に5万円でも稼げれば生活はかなり楽になりますよね。副業候補の代表格でもあるアフィリエイト。 一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか? そんな疑問に答えます ...

アイキャッチ 2

それでは本題に入りましょう! 目次 SEOとは?SEOの本質を知ろうGoogleのビジネスモデルを理解しようユーザー満足度を理解しよう検索エンジンの仕組みSEO対策の目的SEO対策の具体例①検索意図に ...

アイキャッチ 3

本記事ではエックスサーバーを使ったワードプレスブログの始め方を解説しています。 画像付き解説ですので手順に従って作業すれば、10分程度で完了します。 目次 はじめにブログ開設に必要なものサーバーとはワ ...

-SEO